[PR]

 朽ち果てた街、崩れ落ちる建物――。「廃墟(はいきょ)」を巡る旅が昨今人気を呼ぶが、絵画の世界では古くから魅力的な画題とされてきた。現代までの変遷をたどる展覧会「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」が、東京・渋谷の松濤美術館で開かれている。

 西洋では廃墟が風景の一つとして、17世紀以降に頻繁に描かれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも