(文芸時評)作家の生き様 具体性・身体性の積み上げ 磯崎憲一郎

有料記事

[PR]

 創作特集が組まれている構成は従来とさほど変わらないが、今月の文芸誌新年号は、「文学にできることを」(群像)、「読むことは、想像力」(新潮)といったタイトルが付されたことによって、小説をめぐる状況に対する、ある種の危機感が表明されているようにも感じる。

    *

 笙野頼子「返信を、待っていた」(…

この記事は有料記事です。残り1519文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。