[PR]

 「読者は、僕の書いたものをうのみにしなくてもいいの」

 今年の論壇で、最も印象に残った言葉である。語ったのはケント・ギルバート。昨年来50万部以上売った『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社+α新書)の著者だ。安田峰俊の取材に答えた(ニューズウィーク日本版10月30日号「特集ケント・ギル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも