[PR]

 最近、中国から登場した新人監督が、その先鋭的な作風や独自の視点により、いきなり国際的な脚光を浴びるケースが相次いでいる。たぶん、同地の映画史にもう一つの“新しい波”が始まっているのだろう。

 昨年の東京国際映画祭を皮切りに各地で受賞を重ねてきた本作の董越(ドンユエ)監督も、その一員だ。これが長編デ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも