[PR]

 父の十四代而妙斎(じみょうさい)さんが38年間守った名を継ぎ、11月に京都・大徳寺で祝賀茶会に臨んだ。斎号は猶有斎(ゆうゆうさい)。「グローバル化のなか、茶の湯が不変のものとして受け継がれることが理想。粛々と務めを果たす」。家元として初めて迎える一年最初の茶事「初釜」に思いを致し、新年を待つ。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも