間宮陽介 書評委員が選ぶ「今年の3点」

有料会員記事

[PR]

(1)憲法9条へのカタバシス(木庭顕著、みすず書房・4968円)

(2)丸山眞男集 別集 第四巻 正統と異端 一(東京女子大学丸山眞男文庫編、岩波書店・4536円)

(3)中央銀行 セントラルバンカーの経験した39年(白川方明著、東洋経済新報社・4860円)

 (1)は読みやすい本ではないが、繰り…

この記事は有料会員記事です。残り312文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら