[PR]

 お恥ずかしながらこの作品を最初に見た時、4コマ目の意味が分からなかった。「ちんもち」?

 広辞苑には載っていた。「賃銭を取って餅をつくこと。また、その餅」とある。賃餅、なのか。

 明治30年ごろの東京を描いた「東京風俗志」(平出鏗二郎〈ひらでこうじろう〉著)には、正月用の餅の注文に「餅屋はもとより…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも