各界講師陣が魅力語る 司馬遼太郎連続講座 朝日新聞創刊140周年記念事業

[PR]

 文化、文明とは何なのかを問い続けた作家・司馬遼太郎の魅力を、明治維新150年を機に各界のスペシャリストたちが語る連続講座が、朝日カルチャーセンター新宿教室で展開中です。既に5回を終え、1月は城郭考古学の第一人者、千田嘉博・奈良大教授が「司馬遼太郎が描いた名城をたどる」(13日)で大坂城江戸城を詳解、作品と重ね合わせて秀吉・家康を考察します。作家・朴慶南さんは「司馬遼太郎が見た韓のくに」(19日)で「街道をゆく」の世界を掘り下げます。詳細は同教室(03・3344・1941)。