[PR]

 イカの一夜干しとサザエの壺焼(つぼや)きに続いて、神田さんはホッケの開きを七輪に載せた。「おう、でっかいなあ。これはじっくり焼いて、身をふくらませなきゃ、おてんとうさまに申し訳ないぞ」――つまり、ここから先は俺は黙ってるぞ、話も聞かないぞ、ということだった。

 真知子さんも神妙な顔でうなずき、私に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも