(声)脱退せず捕鯨拡張の道探って

有料記事

[PR]

 高校生 木下舞(埼玉県 16)

 日本が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退するという報道に背筋がぞっとした。またもや世界の流れに反することをやらかすのかなと、自分の国を哀れんだ。

 「どの口が捕鯨は残酷だなんて言っているんだ」。欧米人に怒りを示す日本人を目にしたことがある。確かにと思った。日本人は縄文…

この記事は有料記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!