(声)スクラップで相手に想い寄せ

有料記事

[PR]

 図書館職員 黒部晴香(東京都 25)

 私は5年ほど前から新聞のスクラップを続けている。きっかけはサッカーW杯ブラジル大会の躍動的な写真をずっと手元に残しておきたかったから。以来、ジャンルを問わず、興味を持った記事は欠かさずノートに貼っている。

 戦争や自然災害、身近な人の突然の死。他人のつらい経…

この記事は有料記事です。残り144文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!