(ひと)歌川たいじさん 虐待から立ち直った経験が映画化された

有料記事

[PR]

 料理上手な母の作るまぜごはんが幼いころから大好きだった。でも母は息子を殴り、ののしった。腕や胸元には、いまも母からつけられた包丁の傷痕が残る。

 そんな経験を描いた漫画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」がプロデューサーの目にとまり、同名の映画に。全国で順次上映中だ。

 太っていた小学生のころ周囲から…

この記事は有料記事です。残り429文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント