[PR]

 人工的な霧を使った「霧の彫刻」で知られる中谷芙二子(なかやふじこ)(85)が、初のまとまった形での個展を水戸芸術館で開いている。昨秋には世界文化賞を受けるなど高い評価を得ている霧の表現に加え、そこに至るまでの足跡もたどれる。

 同館の広場に面した噴水に突如霧が漂い始め、建物が見えないほどに濃くな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも