[PR]

 凡庸という言葉がついて回るのは人気作家の宿命か。モノクロの甘美な風景写真で有名なマイケル・ケンナも玄人筋からは、「スティーグリッツらモダニズム写真の巨匠の焼き直しに過ぎず、新しさがない」という批判を受ける。

 東京・恵比寿の東京都写真美術館では、そんな作家の45年の仕事を見通せる大回顧展が開かれて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも