[PR]

 ■バドでけが、ペアに全責任は酷

 精神科医 市村公一(神奈川県 61)

 バドミントンのダブルスプレー中に、後衛だったペアが振ったラケットが目に当たり大けがをしたとして、東京都の40代女性が訴えを起こした。二審の東京高裁は、ペアの女性に全責任があるとして約1300万円の支払いを命じ、確定した。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも