[PR]

 (昭和40年)

 1965年秋の東京六大学野球の早慶戦。1勝すれば3季ぶりの早大優勝が決まる。決戦前、早大応援部吹奏楽団4年のトランペット奏者・三木佑二郎さんは吹奏楽が応援歌の引き立て役ではなく主役になる曲を作ろうと思った。慶応を倒したい一心で下宿で3日徹夜、布団をかぶってトランペットを吹き、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも