[PR]

 東日本大震災からまもなく8年。原発災害という異常事態の中にある福島で、怒りと死者への追悼を鋭く美しい叙情に結晶させた詩人がいる。

 昨秋、詩集「夕焼け売り」を発表した福島県いわき市、元高校教諭の斎藤貢(みつぐ)(64)。原子炉の火、遺体を焼く火、瓦礫(がれき)を焼く火……。炎のイメージで完成度の高…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも