[PR]

 川端康成かマルローかオーデンか。はたまた川端か谷崎か三島か――。現代の我々ですら頭を抱え込む難題に、50年前のスウェーデン・アカデミーは悪戦苦闘していた。川端が1968年にノーベル文学賞を受けてから50年が過ぎ、新たに公開された選考資料からは、遠い異国の文学を評価しようと苦心する姿が見えてくる。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも