[PR]

 山梨県知事選は10日告示され、諸派新顔で共産党県委員長の花田仁氏(57)=共産推薦=と、新顔で元参院議員の米長晴信氏(53)、再選を目指す現職の後藤斎氏(61)=立憲、国民推薦=、新顔で前衆院議員の長崎幸太郎氏(50)=自民、公明推薦=の無所属3人が立候補した。

 前回知事選では自公と旧民主の相乗りで後藤氏が初当選したが、今回は自公が長崎氏を推し、4人による激しい選挙になりそうだ。27日に投開票される。(届け出順、〈 〉内政党は推薦、カッコ内数字は当選回数)

     *

 花田仁(はなだひとし)      57 諸新   共産党県委員長 〈共〉

 米長晴信(よねながはるのぶ)   53 無新   〈元〉参院議員

 後藤斎(ごとうひとし)      61 無現(1)〈元〉衆院議員 〈立〉〈国民〉

 長崎幸太郎(ながさきこうたろう) 50 無新   〈元〉衆院議員 〈自〉〈公〉

 ■自民、支持層は分裂

 前回とは構図が一変した山梨県知事選。春の統一地方選と衆院補選。夏の参院選へと続く「選挙イヤー」の幕開けといえる選挙で、与野党ともに力がこもる。

 10日、自民党の岸田文雄政調会長は長崎氏の出陣式に駆けつけ、「大切な1年の行方を左右する選挙」とあいさつした。

 長崎氏は2005年の「郵政選挙」で衆院山梨2区から、故堀内光雄氏への「刺客」として立候補。その後、自民の公認を受けず、堀内氏の長男の妻詔子(のりこ)氏と衆院選を3度戦うなどした。だが、今回は二階俊博・自民幹事長の後ろ盾もあり、党の結束をアピールする。

 結果は他の選挙戦略への影響も小さくない。9日の自民党の選挙対策会議では、4月の福岡県知事選の推薦候補について「山梨の結果を見て判断」との方針を確認。党内からは「地方選で負けが続けば、党の勢いがそがれかねない」との声が上がる。

 旧民主の衆院議員だった後藤氏は4年前の知事選で「県民党」を掲げて当選。選挙戦では、自民県連顧問の市長や同相談役の元市長が支え、県医師会や県農政推進協議会など自民の支持団体からも推薦を受ける。

 そうした後藤氏を、国会であつれきが目立つ立憲民主党と国民民主党がそろって推薦。「与野党対立の構図が色濃い選挙」(玉木雄一郎・国民代表)と位置づけており、参院選に向けた野党連携のあり方にも影響を与えそうだ。

 花田氏は前回、共産公認で知事選に挑んだが、今回はより幅広い層の支持を求めて「明るい民主県政をつくる会」として届け出た。後藤氏の県政を「福祉に冷たく大型開発に熱心」と批判する。

 米長氏は07年参院選で旧民主から初当選。13年に旧みんな、16年に無所属で参院選に挑み、落選した。後藤、長崎両氏への揺さぶりも狙い、今回、自民に入党を申し込んだ。認められなかったが、「政権と足並みをそろえる」と話す。

 

こんなニュースも