[PR]

 国際スキー連盟(FIS)は10日、アルペンスキー男子のシュテファン・ルイツ(ドイツ)がレース中に規則で禁じている酸素補給を行ったとして、昨年12月のワールドカップ(W杯)優勝を取り消すと発表した。ルイツは米コロラド州ビーバークリークで行われた大回転第1戦で1回目と2回目の滑走の間、医療機器を使って…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも