[PR]

 ドイツ人の青年ゲオルクが、ナチス占領軍の迫るパリから、南仏のマルセイユへ向かう。彼はメキシコへの亡命の途中にパリで自殺したドイツ人作家ヴァイデルの遺品を預かった。マルセイユのメキシコ領事館へ行き、彼をヴァイデルと誤解した領事からビザを受け取り、作家に成りすます。

 謎めいた美女がゲオルクの前に出没…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも