抽出調査「他でもしたい」→発覚 統計不正、厚労省職員が発言

有料会員記事

[PR]

 毎月勤労統計の問題が発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したことだった。複数の関係者が明かした。▼1面参照

 厚労省と総務省の担当職員、統計委員会の西村清彦委員長らが昨年12月1…

この記事は有料会員記事です。残り298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。