[PR]

 私は以前に、ジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』や『文明崩壊』(草思社文庫・上・下各1296円)を読んで、その視野の広さ、着眼の奇抜さに驚嘆した覚えがある。しかし、それが一つの方法によって貫かれていることに気づかなかった。それを悟ったのは、彼が中心となって編んだ『歴史は実験できるのか』(慶応…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも