[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの運営を支える「大会の顔」が、一般公募で選ばれる計約13万人のボランティアだ。競技会場や選手村で選手、大会関係者のサポートに当たる「大会ボランティア」と、街頭で観光や交通の案内をする「都市ボランティア」があり、活躍の場は多岐にわたる。

 「大会ボランティア」の募集…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも