[PR]

 米国の中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)が世界経済の先行きへの警戒感を強めている。米国の景気過熱を抑えるため利上げを続けてきたが、米中貿易摩擦や中国経済の減速への懸念が昨年半ばから急浮上。FRBは利上げペースを緩め、パウエル議長の発言は慎重さを増している。

 パウエル氏は10日のワシントンで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも