[PR]

 昨秋から年末にかけて株価が急落した。10月2日は2万4270円の高値だった日経平均は12月中旬に下げ足を速め、節目の2万円を割り込んだ。12月25日は1万9155円となり、10月2日からの下落率は2割を超えた。この急落は何を意味するのか。

 引き金を引いたのは米国株だ。10月以降、2万5千ドルを挟…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも