[PR]

 明治政府において統計の大切さを訴え、「統計伯」のあだ名までついたのが、大隈重信である。統計院を設立し、その院長に納まったが、経費削減の折ゆえ「大隈の道楽」との非難もあったそうだ▼統計への理解が、いまだ十分でない時代である。いったん下野した後、外相や農商務相に就いた大隈は驚いたという。水産物にしても…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも