[PR]

 平成の将棋界をリードした羽生善治(はぶよしはる)九段が27年ぶりに無冠となり、現在はトップ棋士が群雄割拠する戦国時代の様相だ。覇権争いの中で人工知能(AI)も活用し、昨年、棋聖(きせい)と王位の二冠を奪取して一歩抜け出した。

 今春の名人戦挑戦者の座を争うA級順位戦でも6勝1敗で先頭集団にいて三冠…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも