長期入院高校生、学び支援 遠隔授業や教師派遣 新年度5自治体

有料記事

[PR]

 がんなどの病気やけがで長く入院したり治療を受けたりする高校生が学業を継続できるよう、文部科学省は2019年度から、タブレット端末などを使った遠隔授業や病棟への教師派遣を後押しする事業を、5自治体で始める。高校生への教育支援はこれまで手薄で退学や留年を余儀なくされるといった問題が指摘されてきた。▼3…

この記事は有料記事です。残り693文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!