折々のことば:1345 鷲田清一

有料記事

[PR]

 「どうせ」という認識を受けて、「いっそ」といくか、あるいは「せめて」とでるか

 (竹内整一)

     ◇

 どうせいつか死ぬなら、だめになるなら、散ってしまうなら、いっそこっちから先に見限ってやると言うのか、それともせめてこれだけは、今だけはと希(ねが)うのか。自分に言いきかせるのか、何かにすが…

この記事は有料記事です。残り89文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る