[PR]

 哲学者の梅原猛さんは少年時代、部屋に閉じこもり、一人遊びに熱中していた。将棋盤と駒を使った「野球将棋」である。雑誌でやり方を知り、早慶戦と称しスコアまでつけた。他のスポーツでも将棋遊びを考案し、盤上での水泳や陸上競技に没頭した▼狂気にも似た空想の世界。そこから脱却したのは大学に入ってからだったと梅…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも