[PR]

 東日本大震災の津波で多くの職員が犠牲になった岩手県大槌町の旧庁舎を巡り、解体の差し止めなどを求めた住民訴訟の判決が17日、盛岡地裁である。震災遺構として保存を求める原告住民と、解体を決めた被告の町長が対立。町は15日、準備作業として旧庁舎壁面の時計などを撤去。判決に関わらず18日に解体に着手すると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも