[PR]

 韓国国防省は15日、2018年版の国防白書を発表した。北朝鮮が17年に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の火星(ファソン)14、火星15の射程をそれぞれ1万キロ以上と評価した。また、前回まで盛り込まれていた「北朝鮮政権と北朝鮮軍は我々の敵だ」との記述を削除した。

 国防白書は2年ごとに発行され…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも