[PR]

 私的な損失を日産自動車に付け替えたなどとして起訴された日産の前会長カルロス・ゴーン被告(64)について、東京地裁は15日、保釈を認めない決定をした。弁護側は決定を不服として準抗告する方針だ。地裁が準抗告を退ければ、東京拘置所での前会長の身柄拘束はさらに長期化する。▼9面=ルノー会長解任論、34面=…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも