[PR]

 九州電力の玄海原発2号機(佐賀県玄海町、出力55万9千キロワット)の廃炉の可能性が高まっていることがわかった。電力需要が減るなか、安全対策に巨額の費用がかかり、採算をとるのが難しいため。

 九電幹部は15日、「(運転延長の試算などの)検討状況が厳しいのは確かだ」と語った。別の幹部は「早く判断するの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも