[PR]

白息の僧が空也を説きにけり

 

関節が革手袋に出来上がる

 

棟梁は焚火を薪で叩きたり

 

側溝に佳き水音や冬牡丹

 

吊るしたるコートの襟の立つてをり

 

初夢のひろびろとあり薄着なり

 

賽の目を叫ぶ人ゐて絵双六

 

売初の値札大きく掲げらる

 

粥占や東の廊に水の跡

 

初弘法大きさ合はぬ椀か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも