[PR]

 フランスのルメール経済・財務相は16日のテレビ番組で、役員報酬の過少記載の罪などで起訴されたカルロス・ゴーン被告(64)が会長兼最高経営責任者(CEO)を務める仏ルノーに対し、「新しいガバナンス体制を望む」と述べ、初めてゴーン被告の解任を求めた。ゴーン被告を擁護してきた仏政府が姿勢を転換したことで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも