(東学農民戦争をたどって:3)日本兵の日誌「拷問の上、銃殺」

有料記事

[PR]

 古新聞にくるまれた人間の頭骨6体が段ボール箱に入れられた状態で北海道大学の研究室で見つかったのは、1995年夏だった。その一つは表面に、こう書かれていた。

 「韓国東学党首魁(しゅかい)」

 ――1894年、朝鮮南西部の珍島で蜂起した東学農民軍の指導者の遺骨であり、1906年に「採集」した。

 そ…

この記事は有料記事です。残り1089文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。