[PR]

 桂文枝が2006年から年の初めの東京で開いている落語会。有楽町朝日ホールの初春の風物詩として楽しませてもらった(12日昼)。

 上方落語を聞くたびに思うのが、東西の笑いの違いだ。上方は笑いどころを繰り返すことが多い。この日の開口一番、桂三語「四人癖」もそうだった。厚く切られた羊羹(ようかん)を持ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも