[PR]

 内戦が続くシリアの北部マンビジュで16日、過激派組織「イスラム国」(IS)の系列メディアが犯行を主張する爆発が起き、米兵ら19人が死亡した。トランプ米大統領は昨年12月、ISに勝利したとしてシリア駐留米軍の撤退を表明。だが今回の爆発で、与党議員からも撤退見直しを求める声が相次ぐ。シリア駐留米軍の撤…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも