[PR]

 中高生向けの講義を本にしたものから、注目すべき良書が生まれ、ヒット作も出ている。代表的なものが、加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』である。同様の、出色の試みとして木庭顕『誰のために法は生まれた』も挙げておきたい。これら単著に対し、桐光学園中学校・高等学校編『高校生と考える日本の問題点』…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも