(書評)『鶴見俊輔伝』 黒川創〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■活動的人間の輪郭を際立たせる

 伝記に精彩を添え、読む者を楽しませてくれるのが、脇道の挿話やページの合間に挿入された数々の写真である。本書にも主人公にまつわるいくつかの写真が差し挟まれている。スネた不良少年(豪邸で撮られた家族写真には、「不良少年のつらがまえ」というキャプションがつけられている)…

この記事は有料会員記事です。残り772文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら