[PR]

 ■「魂の処刑」、宗教の解釈で正当化

 著者のひとりナディア・ムラドは、イラク北西部に暮らしていたヤズィディ教徒である。周囲とは異なった信仰を持つこの少数民族は、周辺部に放置され、ときに同化の対象となり、繰り返し迫害を被ってきた。伝承によればその迫害は過去73回に及ぶが、2014年のIS(イスラム国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも