[PR]

 文部科学省は京都大こころの未来研究センター(広井良典教授)などの協力を得て、人工知能(AI)を使って2050年の日本社会や高等教育の姿を予測した。「大学進学率の向上」や「教育投資の充実」といった政策を着実に進めると、持続可能性が高く高等教育も充実した社会になると予測されたという。

 同センターは日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも