[PR]

 スイスのラークスでハーフパイプ(HP)第3戦が行われ、男子は平昌五輪代表で17歳の戸塚優斗(ヨネックス)が92・00点で今季自己最高の2位に入った。3位だった昨年12月の第2戦に続く表彰台。片山来夢(バートン)は84・50点で4位、16歳の平野流佳(るか)(ムラサキスポーツ)は84・00点で5位…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも