[PR]

 ■ジャーナリスト・大谷昭宏

 あの日の夜、私は大阪の自宅でワープロに向かい原稿を書いていました。午後10時ごろでしたか、大阪読売時代の元上司で一緒に「黒田ジャーナル」を設立した黒田清さんから電話があったのです。

 「大谷君か……」。声は少しうわずっていましたが、大事なことは言い漏らさないようあら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも