[PR]

 経団連は22日、今春闘で経営側の指針となる経営労働政策特別委員会報告を公表した。6年連続のベースアップ(ベア)を容認する一方で、賃上げ以外の総合的な処遇改善策も強調し、賃上げと処遇改善を「車の両輪」と位置づけた。

 中西宏明会長による初の経労委報告。ベアは容認しつつも、多くの企業がベアを複数年続け…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも