[PR]

 2018年に首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉の4都県)で売り出された新築マンションは前年比3・4%増の3万7132戸で、2年連続で増加した。埼玉と千葉で再開発が進み、大型物件など供給が増えた。

 不動産経済研究所が22日発表した。平均価格は同0・6%下落の5871万円で、2年ぶりに下がった。ただ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも