[PR]

 仏経済紙レゼコーは22日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された仏ルノー会長兼CEO(最高経営責任者)のカルロス・ゴーン被告(64)が、辞任する用意があると周囲に伝えている、と報じた。同紙によると、ゴーン被告は弁護士などを通じて、ルノーが永続的なガバナンス(企業統治)を望み、体制を刷新したいと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも