[PR]

 日本オリンピック委員会(JOC)は22日の理事会で、6月の役員改選に向け、理事(25~30人)に占める学識経験者の枠を現在の「3~10」から「5~13」に増やすと決めた。平岡英介専務理事は「ガバナンス(組織統治)強化のため外部の目を増やす」と説明した。

こんなニュースも